我、今帰するところ無く孤独にして同伴無し~源信僧都~

10.31

今月の言葉

我、今帰するところ無く孤独にして同伴無し~源信僧都~

インターネットカフェの取材番組を見た。安価と街中ということもあり、多くの人が利用し、そこを住まいとしている人もいるようだ。しかし、何かしら表情には疲れが現れているように感じた。

人間は、関係性を生きる存在であると教えていただく。しかし、帰する所を無くしてしまうと、孤独になり、共感してくれる人を見失うようである。関係が希薄ないまを言いあてているようだ。

当院参拝記念印の法語の、「『同朋』という言葉は、喜びも悲しみも共にする、上も下もない真実の教えに出遇った仲間のことを言います。仏教の教えに出遇って、このような温かい人間関係の交わりを大切にしたいものです」と記している。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今月のことば

今月の言葉

我、今帰するところ無く孤独にして同伴無し~源信僧都~

ブットンくんTweet

ページ上部へ戻る