ご納骨のご案内

大谷暢顯ご門首ご揮毫の「倶会一処」の書。『仏説阿弥陀経』の一節で、「倶に一つの処で会う」と読みます。「一つの処」は浄土を示し、お念仏申して浄土に往くことを願う人が、亡き人と倶に出会っていく場という意味が含まれます。亡き人をご縁にはじめて見えてくる世界を参詣の 皆様に感じていただくことを願っています。

難波別院の納骨堂は亡き人を偲びつつ、今を生きる私たち一人ひとりの「いのち」のあり方を見つめなおす機縁となることを願いに、親鸞聖人の本願念仏の教えに帰敬する門信徒の同朋生活の実を上げることを目的としています。お墓を建てたい方やご家族のお骨を納めたい方など是非ご相談ください。
現在、難波別院では納骨室と納骨壇の二通りの方法で納骨をしていただけます。詳しくは以下の項目をご覧ください。

 

 

納骨壇 納骨室

今月のことば

今月のことば
一度きりの尊い道を 今、歩いている ~榎本栄一~

ブットンくんTweet

ページ上部へ戻る