南御堂メニュー 沿革 おまいり 教えをきく 書籍紹介 サークル紹介 浄土真宗リンク

今月の言葉

 部屋に置いてあるテーブルの足に指先をぶつけたときの痛さは、涙が出るほど痛いもので、置いたのは誰だと怒っている。だが、家族の誰かがぶつけた時は、「注意したら」程度に済ましてしまう。本当に自分勝手である。
 医師で作家でもある鎌田實さんは、「医療には優しさがなければならい。そして、その優しさとは、他者への想像力そのものだ」と言われた。これは、医療にだけ言えることではなく、この世のすべてに言えると感じる。身勝手さは、人間の本性であろう。しかし、そのことに痛みを感じられた時、他者の痛みが自ずと想像でき、ともに生かされているという心が開かれてくる。