• 文字サイズを変える
  • 標準
  • 大
  • 特大

沿革

TOP > 南御堂メニュー > 沿革

難波別院(南御堂)の沿革

◎難波別院の開基・教如上人


写真①=梵鐘

 難波別院(南御堂)の創建は、今から400年以上前の安土桃山時代の末、1595年(文禄4)に、本願寺第12代・教如上人(1558~1614)が大坂渡辺の地に「大谷本願寺」を建立したことに始まります。
  創建から2年後の1598年(慶長3)に、豊臣秀吉による大阪城の拡張と、城下の町制改革でなどにより、大谷本願寺は現在の難波別院のある地へと移転します。また、1602年(慶長7)には、関ヶ原の合戦に勝った徳川家康によって京都・烏丸七條の地が寄進され、教如上人は大坂から京都へと寺基を移されます。
  教如上人は東本願寺(真宗大谷派の本山・真宗本廟)の建立と共に、大阪の大谷本願寺の地を「難波御堂(難波別院)」とし、大阪における念仏の中心的な道場とします。その後も上人はたびたび大阪の地に赴き、お念仏の教えを説き広め、上人亡き後も難波別院は、宗祖親鸞聖人のみ教えを伝えていく上において今日まで大きな役割を果たしてきました。
  難波別院の境内には、開基である教如上人が大谷本願寺を創建された際、1596年(文禄5)に鋳造された「大谷本願寺」銘の梵鐘が今も残り=写真①、教如上人のご苦労とその遺徳を伝えています。
 また、2014年6月20日付でこの梵鐘が大阪市文化財保護法条例第6条第1項の規定により大阪市指定有形文化財(歴史資料)に指定されました。今回の文化財指定によって、真宗大谷派発祥の礎を後世に伝えていく歴史資料として、より多くの人々の目に触れることが願われます。「大谷本願寺」銘の梵鐘は難波別院境内の獅子吼園に保存されておりどなたでも自由に見学することができます(開門午前6時頃~閉門午後9時頃まで)。

◎「大谷本願寺」を前身として

 教如上人がなぜ大阪に大谷本願寺を建てられたかについては、本願寺第8代・蓮如上人(1415~1499=写真②)の時代にまでさかのぼります。蓮如上人は、大阪(大坂)という地名の名付け親として知られていますが、これは1496年(明応5)、上人82歳の時、現在の大阪城の地に「大坂坊舎」を建立したことに由来します。
その後、京都にあった山科本願寺が破却されたことから、大坂坊舎は1533年(天文2)本寺と定められ、大坂本願寺(石山本願寺)となります。以来、大坂本願寺を中心に寺内町が整備され、大阪の町は以後、飛躍的な発展をとげるのです。
 しかし、戦国時代へと移ると、教如上人の父、本願寺第11代・顕如上人の時、天下統一を目論む織田信長と本願寺、全国の真宗門徒との間で、1570年(元亀元)に合戦の火ぶたが切って落とされます。これが世にいう「石山合戦」です。石山合戦は11年間にもおよび、和睦後、教如上人は紀州鷺森(和歌山)に退去し、本願寺の寺基が移されます。
 その後、本能寺で信長が明智光秀に打たれ、1583年(天正11)、豊臣秀吉が石山本願寺の跡地に大坂城を築城します。この頃、大阪天満の地にあった本願寺は、秀吉から寺地を寄進されます。これが現在の西本願寺(京都堀川の地)です。
 しかし、1592年(文禄元)に顕如上人が逝去して、長男の教如上人が本願寺第12代を継職しましすが、教如上人は1年足らずで秀吉により隠居を命じられます。
 隠居の身となった教如上人でありましたが、積極的にお念仏の教えを各地に弘められ、1595年(文禄4)には大坂(大阪)に戻り、渡辺の地に堂宇を建立します。これが難波別院の前身である「大谷本願寺」です。


写真②=蓮如上人(1415~1499)

◎大阪の町と共に歩む別院

難波別院は、江戸時代の中期、1705年(宝永2)に、本堂をはじめ諸殿の再建を行います。この工事によって敷地は5,838坪と拡大し、地盛りを行って本堂も従来より大きく、重層屋根(二層)とする大工事を行いました。これによって大伽藍の美しい御堂が完成し威容をほこることになります=写真③。
時代を経て1926年(大正15)には、難波別院(南御堂)と津村別院(北御堂。西本願寺の別院)を結ぶ参道である「御堂筋」の拡幅工事が始まります。これによって名実ともに、御堂筋は大阪の町のメインストリートとなります。
難波別院は創建以来、大阪の町の発展と共に歩み、人々に「南の御堂さん」「難波の御堂さん」と呼ばれ親しまれてきました。ことに商都大阪の多くの商人から、「御堂さんの屋根の見える所で、鐘の聞こえる所で商売するのが夢である」と言われ、大阪の精神文化に大きな影響を与えてきました。


写真③=大伽藍の美しい御堂が完成

◎心血が注がれた復興

 美しい御堂をほこった難波別院も、先のアジア・太平洋戦争の、1945年(昭和20)3月13日から14日未明にかけてのアメリカ軍による大規模な空襲(第一次大阪大空襲)によって、香部屋と納骨堂を残し境内の建物すべてが灰燼に帰します。第一次大空襲によって大坂本願寺以来伝えられてきた宗祖・親鸞聖人真筆の名号や、蓮如上人ご自作の御木像など、多くの別院の宝物や貴重な文書が失われたと伝えられています。しかし、ご本尊の阿弥陀如来像と宗祖親鸞聖人の御影だけは、辺り一面が火の海と化した中を別院職員が決死の覚悟で護り通し、現在も難波別院の本堂に安置されています。
  また灰燼に帰した難波別院でしたが、翌1946年(昭和21)には早くも仮本堂が設けられ、復興委員会が立ち上げられて再建への第一歩が踏み出されます。1957年(昭和32)には、復興事業の周知を願って広報紙『南御堂』新聞の創刊号が発刊されます。続いてその翌年には、別院本堂と、山門を兼ねた御堂会館の建設が決定されます。この復興事業は多くの市民の注目を集め、テレビや新聞などが連日のように工事の進捗状況を伝えました。
  心血が注がれた復興事業は順調に進み、1961年(昭和36)、16年の歳月をかけた工事が完成=写真④。多くの市民の参詣も得て、再建落慶法要が厳修されました。


写真④=1961年(昭和36)、16年の歳月をかけた工事完成の様子

◎別院の復興を機に


写真⑤=芭蕉翁の辞世の
句の一つを刻んだ句碑

 復興を機に別院所属のボーイスカウトや大阪御堂合唱団が結成され、1963年(昭和38)には、別院開基の教如上人350回御忌法要を厳修しました。またこの年、境内を開放して「第1回南御堂盆おどり」(毎年8月27 日・28日開催)が開催されるなど、多彩な行事や事業が立ち上げられ、現在もなお多くのご門徒や市民に親しまれ活動しています。
 また、俳聖・松尾芭蕉の終焉の地としても知られる難波別院境内には、芭蕉翁の辞世の句の一つ「旅に病でゆめは枯野をかけまはる」を刻んだ句碑が建てられ=写真⑤、毎年11月には50年以上にわたって「大阪の芭蕉忌~法要と句会~」が開かれ、多くの参加者が足を運んでいます。
 1995年(平成7)には阪神・淡路大震災による復興支援活動を別院あげて行い、別院では入浴サービスなども実施しました。1999年(平成11)には、蓮如上人500回御遠忌法要を厳修すると共に、約150人収容可能な研修室を備えた教化センター会館を新設。今、難波別院では2011年の宗祖親鸞聖人750回御遠忌に向けて、新たな歩みを進めています。

◎難波別院(南御堂)の歩み <略年譜>

年  代 出 来 事
1496年(明應5) 本願寺第8代蓮如上人が大坂坊舎を建立。(現在の大阪城の地)
1533年(天文2) 山科本願寺が破却され、第10代証如上人は大坂坊舎を本寺と定める。大坂本願寺(石山本願寺)誕生。
1570年(元亀1) 織田信長軍が大坂本願寺を攻める。11年間におよぶ石山合戦始まる。[~1580(天正8)]
1595年(文禄4) 第12代教如上人が大坂渡辺の地に大谷本願寺を建立。
1598年(慶長3) 渡辺の地から難波の地に大谷本願寺を移築。(難波別院がある現在の場所)
1602年(慶長7) 徳川家康の寄進により大谷本願寺は京都・烏丸七条の地へ寺基を移す。東本願寺の誕生。
1603年(慶長8) 大谷本願寺の寺跡に難波御堂(現在の難波別院)を造営。その後、諸殿なども整備される。
1714年(正徳4) 二重屋根の雄壮で美しい伽藍を持つ本堂となる。
1945年(昭和20) 米軍機の第一次大阪大空襲により、本尊阿弥陀如来像と宗祖親鸞聖人御影を除き、本堂や諸殿、宝物等を焼失。
1946年(昭和21) 難波別院の復興委員会を結成。
1957年(昭和32) 復興事業の周知を願って広報紙『南御堂』新聞を発刊。
1958年(昭和33) 本堂と、山門を兼ねた御堂会館の建設を決定。翌年、復興起工式を執行。
1961年(昭和36) 本堂・御堂会館等完成。落慶法要を厳修。
1963年(昭和38) 別院開基教如上人350回御忌法要を厳修。
1999年(平成11) 蓮如上人500回御遠忌法要を厳修
御堂会館空のお知らせはこちら
南御堂
  • 沿革
    • 開基・教如上人
    • 前身・大谷本願寺
    • 大阪の町と共に歩む
    • 焼け跡からの復興
    • 復興を機に
    • 難波別院略年譜
    • 堺別院(堺南御坊:現・難波別院堺支院)の沿革
  • おまいり
  • 教えをきく
  • 書籍紹介
  • サークル紹介
  • 浄土真宗リンク
南御堂新聞購読案内
携帯メール配信
クイズ