南御堂メニュー 沿革 おまいり 教えをきく 書籍紹介 サークル紹介 浄土真宗リンク

催し物のご案内

彼岸会

 難波別院では毎年、春分・秋分の日(彼岸の中日)をはさむ7日間、彼岸会を勤めております。また、当別院では春分・秋分の日より前の3日間は総永代経を勤めます。そもそも彼岸とは、サンスクリット語では「パーラミター」と言い此の岸から彼の岸にわたることを意味した到彼岸と訳されます。
  一般的にお彼岸は、先祖の墓に参り供養することによって先祖を大切にする行事となっているように見受けられます。しかし真宗では、墓参や法要だけを目的とするのではなく、亡き人から私たちに呼びかけられている「真実に目覚めてほしい」との声を聞法をとおしてうなずき、私たち自身が念仏申す身となることがお彼岸の大切な異義であります。
  詳しくは、難波別院発行のまんが『電坊さん』にわかりやすく収録してありますので、ぜひ『立ち読み』していってください。

◎彼岸会法話のご案内

日時: 18日(水)~19日(木)昼1時半
行事: 春季彼岸会法話
講師: 守口市・清澤寺住職 澤田見
講題: 信心をもって要とす
   
日時: 20日(金)昼1時半
行事: 春季彼岸会法話
講師: 堺市・本通寺住職 北畠顯諒
講題: 無蓋の大悲
   
日時: 21日(土)~22日(日)昼1時半
行事: 春季彼岸会法話
講師: 生野区・専光寺住職 髙島洸陽
講題: 二つの世界
   

◎まんがで読もう!お彼岸って何

難波別院発行『まんが電坊さん-真宗仏事の入門』
※画像をクリックするとPDFが開き立ち読みできます。

真宗仏事の生活をわかりやすく書いた『電坊さん』ご購入はこちら

今月の言葉

書籍案内