定例法要

定例法要

◎毎日のおつとめ


晨朝(じんぢょう)
・毎朝7時から本堂にて勤まります。一日の始まりのお勤めで「正信偈」が勤まります。

永代経(えいたいきょう)

・毎朝9時から本堂にて勤まります。永代経志を収められた方にご案内しております。行事の都合で多少変更することもございます。

 

毎月のお勤め

前住上人御命日 12日13:30(御逮夜)、13日10:00(御日中)

・東本願寺第24世 闡如上人の御命日の法要が、毎月12日13:30(御逮夜)、13日10:00(御日中)の日程で勤まります。

石山講 25日13:30

・大阪は石山本願寺をご縁とした蓮如上人ゆかりの土地でもあります。3月25日が蓮如上人の御祥月ご命日であることから、毎月25日には本堂にて石山講を、また御祥月の3月25日には大阪城公園の名号碑前で法要を営みます。

宗祖親鸞聖人御命日 27日13:30(御逮夜)、28日10:00(御日中)

・宗祖である親鸞聖人の御命日法要が、毎月27日13:30(御逮夜)、28日10:00(御日中)の日程で勤まります。

納骨者祥月読経 28日13:00

・毎月28日の宗祖親鸞聖人の御命日に併せ、難波別院に納骨されたうち、毎月御祥月をお迎えになる御親族を対象に、宗祖親鸞聖人御命日ならびに祥月読経のご案内をお送りいたします。(10月および12月は行事の都合で13日引上いたします)お勤めの後、ご法話があります。

毎年のお勤め

毎年1月1日~1月7日 ”修正会(しゅしょうえ)”
「一年の始まりを迎えてのお勤めです」

毎年3月 ”春季彼岸会・永代経法要”
「春分の日を中心にした前後3日間、春彼岸のお勤めが勤まります。
初日3日間は午後1時30分より永代経法要が勤まります」

毎年4月1日 ”宗祖聖人降誕会(しゅうそしょうにんごうたんえ)”
「宗祖親鸞聖人のお誕生にちなんだお勤めです。」

毎年8月14日~15日 ”盂蘭盆会(うらぼんえ)”
「お盆にちなんだおつとめです。この期間のみ納骨堂前焼香をすることができます。整理券を配布させていただいて順番に納骨堂前までご案内させていただきます。」

戦争犠牲者追弔法要
「全納骨者を対象とした追弔法要です。盂蘭盆会の翌日に執り行われます。」

毎年8月16日 ”お盆追弔法要”
「全納骨者を対象とした追弔法要です。盂蘭盆会の翌日に執り行われます。」

毎年9月   ”秋季彼岸会・永代経法要”
「秋分の日を中心にした前後3日間、彼岸のお勤めが勤まります。初日3日間は午後1時30分より永代経法要が勤まり、お勤めの後、ご法話があります。」

毎年10月25日~28日 〜難波別院報恩講〜
「報恩講とは、「生まれた意義と生きる喜びを見出そう」という親鸞聖人の教えに触れ、自身の生活を改めて見つめ直す大切な法要です。勤行の後には必ずご法話があります。さらに、27日の逮夜・28日の日中のお勤めには、大谷暢顕ご門首をお迎えして盛大につとまります。」バージョン 2

 

毎年11月(不定期) ”芭蕉忌”
「松尾芭蕉終焉の地を目前とする当別院には、芭蕉の句碑があり、毎年盛大に法要と句会が催されます」

毎年12月 ”歳末昏時・除夜の鐘”
「都会の真ん中で心静かに除夜の鐘を鳴らしませんか。先着200名には美濃吉の年越しそばを準備させていただいています。年が明けると引き続き厳かに修正会が勤まります」

年間行事

毎年8月27日~28日 ”盆おどり”
「夏の終わりをつげる盆踊りです。全国各地の様々なおどりを22曲お送りします。そのうち20曲はプロの生演奏です。」

毎年10月の初め ”サンマ祭り”
「」

い合わせ

    件名:

    メール配信登録

    電話でのお問い合わせ先
    申経・納骨・ご法事・仏前結婚式について
    06-4708-3276
    団体参拝・ブットンくんグッズ、
    書籍販売と発送について
    06-6251-5820
    書籍の発行・講座・南御堂新聞について
    06-4708-3275