ただ念仏のみぞまことにておわします~『歎異抄』~

3月掲示板の言葉

ただ念仏のみぞまことにておわします~『歎異抄』~

世の中で大きな事件が起こると、決まって人々は「真実を知りたい」という。

仏教的に考えてみよう。たとえば雨が降る。これは気象現象であって「事実」にすぎない。しかし私たちはそれを「雨が降って都合が悪い・都合が良い」と見る。これを「現実」という。つまり必ず都合(煩悩)を入れて事実を見ているのが人間である。よって煩悩で眼が曇っている人間は決して「真実」を見ることができない。これが仏教の人間観である。

親鸞聖人はこの世の中に真実はないと感得された。毎日煩悩で右往左往する私たち。真実を知ることではなく、真実そのもの、阿弥陀如来に手を合わせ、その名を称える(念仏)ことこそが大切なのだ。

い合わせ

件名:

メール配信登録

電話でのお問い合わせ先
申経・納骨・ご法事・仏前結婚式について
06-4708-3276
団体参拝・ブットンくんグッズ、
書籍販売と発送について
06-6251-5820
書籍の発行・講座・南御堂新聞について
06-4708-3275