教えをきく

「南御堂難波別院・10月度「定例法話」再開のお知らせ」

 難波別院では、今月20日(火)に「定例法話」(午後1時30分~)を再開いたします。また、諸講座は、11月に「暁天講座」の再開を予定し、「真宗講座」「教行信証講座」「日曜講座」等も順次再開に向けて準備していきます。

 なお、難波別院堺支院の法座は、今月19日(月)の定例聞法会「正信偈に聞く92」(午後1時30分~)から再開いたします。

 皆様には大変長らくご迷惑をおかけしましたが、体調にご無理のないようご参加のほどお願い申し上げます。

難波別院主催

・10月20日(火)13時30分~ 定例法話

※今月の休会 教行信証講座暁天講座真宗講座日曜講座

堺支院(堺南御坊)

・10月19日(月)13時30分~ 聞法会(会場:堺支院)

※今月の休会 前住上人御逮夜(会場:堺支院)宗祖聖人御逮夜(会場:堺支院)

『南御堂』新聞で大好評の「もしもし相談」

バックナンバーが閲覧できます!

各講座のご紹介

定例法話

定例法話

定例法話では、多彩な講師陣が分かりやすく真宗のみ教えをお話しします。 また同じような法座に、8月に「お盆法話」、3月と9月に「彼岸会法話」が開かれます。 どなたでもお気軽に参加できますので、是非、ご聴聞ください。
毎月28日(10月、12月は13日に繰り上げ)は祥月法話があります。

※お勤め後に法話があります。
会場:本堂「南広間」

暁天講座

定例法話

暁天講座は、毎月10日を基本として午前7時から開催されている講座です。 大学教授や作家、医療関係者など、様々な先生方がお話されます。 講座の終了後には、朝食のパンと牛乳(コーヒー)の無料接待もあります。 一日の始まりに仏法のおはなしを聞いてみてはいかがでしょうか。

日曜講座

日曜講座

毎月、日曜日の朝に開かれる聞法の場です。前半に講師のお話、後半に質疑応答の時間が設けられ、学びを深めています。現在は、「和讃のこころに聞く」をテーマにすすめています。テキストは、会場で無料配布しています。

午前10時~12時
講師:大谷専修学院長・狐野秀存

真宗講座

真宗講座

親鸞聖人が著された仮名聖教を中心に読みすすめていく講座です。現在は、「『浄土文類聚鈔』に聞く」をテーマに進めています。

講師:大谷大学教授・三木彰円

教行信証講座

教行信証講座

親鸞聖人の主著『教行信証』を読み解き、真宗のみ教えの根本をたずねていく講座です。 テキストには、『真宗聖典』(東本願寺出版)を使用しています。

講師:大谷大学名誉教授・延塚知道

前住上人御逮夜(会場:堺支院)

前住上人(東本願寺第24代・闡如上人)の御逮夜法要のお勤めの後、ご法話があります。どなたでも聴聞できます。

聞法会(会場:堺支院)

「正信偈に聞く」と題して、毎月開かれている法座です。隔月で、阿倍野区即應寺住職の藤井善隆氏と平野区正業寺住職の新田修巳氏が講師を務めています。

宗祖聖人御逮夜(会場:堺支院)

宗祖聖人御逮夜

宗祖親鸞聖人の御逮夜法要のお勤めの後、ご法話があります。どなたでも聴聞できます。

堂入門道場とは

南御堂入門道場難波別院(南御堂)が主催する「南御堂入門道場」は、仏教の入門講座として新たに開講したものです。難波別院の山門を兼ねた「積和不動産関西南御堂ビル」は2019年11月1日グランドオープンします。難波別院は北側1Fから4Fまで借りて事業を行います。コンセプトは“門”として定められ、仏教寺院の「山門」の役割の他に「教えの入口」という意味で位置づけられています。「南御堂入門道場」は、その教えの入口として、「仏教講座」「文化講座」「歴史講座」の3つの講座を軸に、誰もが分かりやすく仏教に触れていただくことができます。

仏教に関心がある方、お寺に興味がある方など、どなたさまでも受講していただくことができます。「南御堂入門道場」を受講いただいて、お寺を身近に感じていただけたら幸いです。

道場の申込み

難波別院(南御堂)℡06-6251-5820まで

講座のお申し込みはお電話または下記より必要事項を入力のうえ、お申し込みください。

希望講座(講座名を押して選択してください):
性別:
生年月日(右端の▼を押してカレンダーから選択してください):
今後「南御堂入門道場」から講座等をお知らせするメールもしくはダイレクトメールをお送りさせていただきます。希望されない方は下記にチェックを入れてください。
希望しない
受講規約
入門道場規約に同意する

い合わせ

件名:

メール配信登録

電話でのお問い合わせ先
申経・納骨・ご法事・仏前結婚式について
06-4708-3276
団体参拝・ブットンくんグッズ、
書籍販売と発送について
06-6251-5820
書籍の発行・講座・南御堂新聞について
06-4708-3275