苦は時に 予想と事実との 齟齬から生ずる ~蜂屋賢喜代~

今月の言葉

苦は時に
予想と事実との
齟齬から生ずる

 「齟齬」とは、“くいちがい”のことである。全てが自分の予想通りになるとは、端から誰も思ってはいない。しかし、自分にとって関心の高いことなどが、予想に反した結果になると、その事実を受け入れられず、モヤモヤした気持ちに苦しめられる。人間関係でも、相手に対する思いが大きいほど、くいちがいが生じると「あんな人だとは思わなかった」と恨み節が湧く。
 よくよく考えてみれば、自分の都合に立った身勝手な“アテ”が外れただけなのだが、自らの予想が自らの理想だからこそ、素直に事実と向き合えなくなる。詰る所、苦しみの元凶は自分にある、ということなのだが、それが認められない私の根性に、いつもモヤモヤしてしまう。

※今月の「掲示板の言葉」のダウンロードはこちらから。(

 

い合わせ

    件名:

    公式LINEアカウント

    難波別院(南御堂)の公式LINEアカウントでは、法話や仏事、別院が手掛ける発刊物などの最新情報を随時お届けいたします。ぜひご登録をお願いいたします。登録はこちらから

    公式LINEアカウント
    電話でのお問い合わせ先
    申経・納骨・ご法事・仏前結婚式について
    06-4708-3276
    団体参拝・ブットンくんグッズ、
    書籍販売と発送について
    06-6251-5820
    書籍の発行・講座・南御堂新聞について
    06-4708-3275