煩悩を 卒業することは できません ~松本 梶丸~

今月の言葉

煩悩を
卒業することは
できません

 煩悩の代表として、瞋恚・貪欲・愚痴の三つが挙げられる。怒り、むさぼり、不平不満と生活の中でしょっちゅう出てくる感情である。そんな自分に嫌気がさして、事あるごとに「前向きに明るく生きる」「心穏やかに過ごす」生活を目標に挙げてきた。が、年を重ねるごとに益々煩悩に振り回されることが多くなっているようだ。
 親鸞聖人は、死の間際まで煩悩と共にあるのが私たちであって、そんな私たちが、煩悩が備わったままに救われる道を説いてくださっている。
 煩悩を切り離せないことが問題なのではない。煩悩の責任にして、この身の事実から目を背けている私が問題なのだ。

※今月の「掲示板の言葉」のダウンロードはこちらから。(

 

い合わせ

    件名:

    公式LINEアカウント

    難波別院(南御堂)の公式LINEアカウントでは、法話や仏事、別院が手掛ける発刊物などの最新情報を随時お届けいたします。ぜひご登録をお願いいたします。登録はこちらから

    公式LINEアカウント
    電話でのお問い合わせ先
    申経・納骨・ご法事・仏前結婚式について
    06-4708-3276
    団体参拝・ブットンくんグッズ、
    書籍販売と発送について
    06-6251-5820
    書籍の発行・講座・南御堂新聞について
    06-4708-3275