石のような心よりなかったと 自覚する以外に道はない それが水の心である ~仲野 良俊~

今月の言葉

石のような心よりなかったと
自覚する以外に道はない
それが水の心である

 仏教では、自分の力だけを頼りにし、励むことを「自力」という。自力に対し「他力」という言葉は、世間でいう他人の力をあてにすることではなく、どんな私でも包み込むような〝仏さまのはたらき〟をいう。
 私たち人間は、努力することができる。しかし、その努力は時に、積み上げた知識や経験を振りかざす〝慢心〟にもなる。本当の努力家は、自分自身のいたらなさを認め、謙虚な姿勢を持っている。
 仲野良俊師は、私たちの人生を「堅い石に囲まれた世界」に喩え、「石同士は争うが、水のような心だけは石と争わない」と教えている。堅い石のような自力の心に気づいてほしいという呼びかけが、仏さまのはたらきである。          

 ※今月の「掲示板の言葉」のダウンロードはこちらから。(

 

い合わせ

    件名:

    公式LINEアカウント

    メール配信は12月末をもって終了することとなりました。今後は難波別院(南御堂)の公式LINEアカウントにて情報をお届けいたします。ぜひこれを機会にご登録をお願いいたします。登録はこちらから

    公式LINEアカウント
    電話でのお問い合わせ先
    申経・納骨・ご法事・仏前結婚式について
    06-4708-3276
    団体参拝・ブットンくんグッズ、
    書籍販売と発送について
    06-6251-5820
    書籍の発行・講座・南御堂新聞について
    06-4708-3275