Warning: include(/home/m-mido/www/minamimido/wp-content/themes/minamimido/header-menu.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/m-mido/www/minamimido/wp-content/themes/minamimido/archive.php on line 9

Warning: include(): Failed opening '/home/m-mido/www/minamimido/wp-content/themes/minamimido/header-menu.php' for inclusion (include_path='/home/m-mido/www/minamimido/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/archive_tar:/home/m-mido/www/minamimido/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/console_getopt:/home/m-mido/www/minamimido/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/pear-core-minimal/src:/home/m-mido/www/minamimido/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/pear_exception:.:/usr/local/php/7.4/lib/php') in /home/m-mido/www/minamimido/wp-content/themes/minamimido/archive.php on line 9

人生とは 今日一日のことである ~デール・カーネギー~

今月の言葉

人生とは
今日一日のことである

 人生、善い日があったり、悪いとしか思えないような日の繰り返しである。その全てを受けとめ1日1日を精一杯生きるしかない。それが人生である。では私たちは本当に精一杯、大切に毎日を過ごせているか。「やれやれ」と他人事のように思ったり、「明日がある」と先延ばしにしたり、そんな日々ではないか。
 この日常が明日も続くと思い込んでいるうちは、未来ばかり見つめ、過去を忘れ去り、そして「今を見失う」。今をどう過ごしたかが大切にできなければ、一日一日積み上げたはずの人生は結果として空しく過ぎた日々の山積みでしかない。良し悪しによらず、かけがえのないこの一日を大切にする意識が、後悔のない人生を与えてくれる。     

※今月の「掲示板の言葉」のダウンロードはこちらから。(

上機嫌は 人が着ることができる 最上の衣装である ~ウィリアム・メイクピース・サッカレー~

今月の言葉

上機嫌は
人が着ることができる
最上の衣装である

 常日頃から上機嫌でいることは難しい。気分の浮き沈みは人にとってつきものであるが、不機嫌(ネガティブ)な意見や行動を打ち消すのに3倍の量のポジティブな意見や行動が必要だそうだ。また、不機嫌は周りを不愉快にさせるうえに、自分自身では気づけない。思い通りにいかないことに苛立つ自分の姿が容易に想像できる。
 人は組織やグループなど、何かに所属し、つながりをもたないと生きていけない。不機嫌な自分でありながら、もし居場所があるのなら、それはひとえに周りからの頷きと受け入れがあるからだ。つながりを生きる中で、和やかな顔でやさしい言葉をもつことの大切さを確かめていきたい。

※今月の「掲示板の言葉」のダウンロードはこちらから。(

 

多くの人は 見たいと欲する 現実しか見ていない ~ユリウス・カエサル~

今月の言葉

多くの人は
見たいと欲する
現実しか見ていない

 アフガニスタンで65万人の命と生活を守った故•中村哲さん(医師)は、小学3年生のときに初めて“ハンミョウ”という昆虫に触れて感動した。紺色と赤色の模様が輝く精悍な容姿の昆虫で、初めはとても日本に生息するとは思わなかったが、近所の野山にいることを知り、これまで自分が“見ようとするものしか見えていなかった”ことを実感したという。
 ハンミョウは、人間を先導するかのごとく歩く先を飛び跳ねるので、「ミチオシエ」とも呼ばれているそうだ。私たちは普段から、自分の都合の良いことや欲しいものしか見ないという、思いや価値観に振り回されている。一度、自分の脚下を照らされ顧みて、歩みを確かめていきたい。

※今月の「掲示板の言葉」のダウンロードはこちらから。(

苦は時に 予想と事実との 齟齬から生ずる ~蜂屋賢喜代~

今月の言葉

苦は時に
予想と事実との
齟齬から生ずる

 「齟齬」とは、“くいちがい”のことである。全てが自分の予想通りになるとは、端から誰も思ってはいない。しかし、自分にとって関心の高いことなどが、予想に反した結果になると、その事実を受け入れられず、モヤモヤした気持ちに苦しめられる。人間関係でも、相手に対する思いが大きいほど、くいちがいが生じると「あんな人だとは思わなかった」と恨み節が湧く。
 よくよく考えてみれば、自分の都合に立った身勝手な“アテ”が外れただけなのだが、自らの予想が自らの理想だからこそ、素直に事実と向き合えなくなる。詰る所、苦しみの元凶は自分にある、ということなのだが、それが認められない私の根性に、いつもモヤモヤしてしまう。

※今月の「掲示板の言葉」のダウンロードはこちらから。(

 

自分の番 いのちのバトン ~相田 みつを~

今月の言葉

自分の番
いのちのバトン

  私たちは、尊い“いのち”をいただいて生かされている。いのちには、量り知れない歴史がある。過去から、無量のいのちのバトンを受けついで、今ここに自分の番を生きている。それは決して、自分が作ったいのちではなく、無数のご縁によって生かされている、全てがおかげさまなのである。
 しかし、いつの間にか自分の力で生きていると思いこみ、「どうせ死ぬのだから、どうせ私なんか…」と自暴自棄になることもあるかもしれない。そのような時こそ、お念仏のみ教えに出遇って、「せっかく生きているのだから、せっかくの私なんだから…」と、いのちの事実に気づいてほしい。阿弥陀様はいつも私を見てくださっている。

※今月の「掲示板の言葉」のダウンロードはこちらから。(

 

心得たと思うは 心得ぬなり 心得ぬと思うは こころえたるなり ~蓮如上人~

今月の言葉

心得たと思うは
心得ぬなり
心得ぬと思うは
こころえたるなり

 コロナの状況やロシアとウクライナの情勢等、現代は様々なニュースが飛び交う。私たちは、その情報から良い悪いの答えを導き出し、その答えは自分の中で「正しさ」に替わっていく。そして、それを握りしめることで、いつの間にか真実とは遠ざかり、時には人を批判し、傷つけてはいないだろうか。
 自分の得た知識や情報を頼りにし、「正しさ」という名の武器で相手を傷つける。それは、分かったつもりになっているだけではないか。この思い込みや勘違いは、自分自身ではなかなか気付けない。「心得た」と思う心は、そこで思考停止に陥ってしまうからである。蓮如上人の言葉は、どこまでも謙虚に学んでいく姿勢を教えてくださっている。

※今月の「掲示板の言葉」のダウンロードはこちらから。(

 

頭の中のもののために 殺し合うなんて ばかげたことをするのは 生物の中でも人間だけだ ~池田 晶子~

今月の言葉

頭の中のもののために
殺し合うなんて
ばかげたことをするのは
生物の中でも
人間だけだ

 池田は問う。「人間にとって戦争は本当に悪だろうか」と(『十四歳の君へ』より)。おそらく誰もが「悪」と答えるだろう。池田は、「戦争は共同体が行う排除」と説く。「相手と我々とは違う」という線引きが分断と排除を生み、それが共同体の認識となった時、それぞれの「善」から戦争が生まれるのだと。
 さて平素、家庭やネットや近所で、仲間を作ると同時に仲間外れを生み出している私たちはどうなのだろう。分断は常に人の頭の中にある。あいつは嫌い・こいつはだめだと、ハサミのように内なる正義で線引きしつづける人間は、常に小さな排除を作り出しているではないか。この頭の中に小さな戦争がある限り、世界の戦争はなくならない。

※今月の「掲示板の言葉」のダウンロードはこちらから。(

 

煩悩を 卒業することは できません ~松本 梶丸~

今月の言葉

煩悩を
卒業することは
できません

 煩悩の代表として、瞋恚・貪欲・愚痴の三つが挙げられる。怒り、むさぼり、不平不満と生活の中でしょっちゅう出てくる感情である。そんな自分に嫌気がさして、事あるごとに「前向きに明るく生きる」「心穏やかに過ごす」生活を目標に挙げてきた。が、年を重ねるごとに益々煩悩に振り回されることが多くなっているようだ。
 親鸞聖人は、死の間際まで煩悩と共にあるのが私たちであって、そんな私たちが、煩悩が備わったままに救われる道を説いてくださっている。
 煩悩を切り離せないことが問題なのではない。煩悩の責任にして、この身の事実から目を背けている私が問題なのだ。

※今月の「掲示板の言葉」のダウンロードはこちらから。(

 

石のような心よりなかったと 自覚する以外に道はない それが水の心である ~仲野 良俊~

今月の言葉

石のような心よりなかったと
自覚する以外に道はない
それが水の心である

 仏教では、自分の力だけを頼りにし、励むことを「自力」という。自力に対し「他力」という言葉は、世間でいう他人の力をあてにすることではなく、どんな私でも包み込むような〝仏さまのはたらき〟をいう。
 私たち人間は、努力することができる。しかし、その努力は時に、積み上げた知識や経験を振りかざす〝慢心〟にもなる。本当の努力家は、自分自身のいたらなさを認め、謙虚な姿勢を持っている。
 仲野良俊師は、私たちの人生を「堅い石に囲まれた世界」に喩え、「石同士は争うが、水のような心だけは石と争わない」と教えている。堅い石のような自力の心に気づいてほしいという呼びかけが、仏さまのはたらきである。          

 ※今月の「掲示板の言葉」のダウンロードはこちらから。(

 

生まれてはじめて 迎えたこの年 この生命 ~本夛 惠~

今月の言葉

生まれてはじめて
迎えたこの年
この生命

 子どもの頃、元旦は特別な日だった。キーンと寒い朝に、新しい下着や靴下を身に着けると、何だか自分まで新しくなったような気がして気分がよかった。今日からちゃんとする、そんな真っ新な気持ちにさせてくれた。元旦は“今まで”が“今から”に切り替わる、“今”という節目を感じられる日だった。“今”という節目が感じられるからこそ、立ち止まって過去の自分と向き合い、見直すことができる。
 だが、年々歳を重ねると“今”という節目を感じづらくなり、真新しかった気持ちは、すっかり古ぼけてしまった。新たな年を迎えるたび、本夛師のことばは、“今”を見失う私に、あの時の真っ新な気持ちを思い出させる節目を与えてくれている。

 ※今月の「掲示板の言葉」のダウンロードはこちらから。(

い合わせ

    件名:

    ※送信後、確認メールが届かない場合は、
    お問い合わせが完了していない可能性があります。
    メールアドレス等再度ご確認ください。

    公式LINEアカウント

    難波別院(南御堂)の公式LINEアカウントでは、法話や仏事、別院が手掛ける発刊物などの最新情報を随時お届けいたします。ぜひご登録をお願いいたします。登録はこちらから

    公式LINEアカウント
    電話でのお問い合わせ先
    申経・納骨・ご法事・仏前結婚式について
    06-4708-3276
    団体参拝・ブットンくんグッズ、
    書籍販売と発送について
    06-6251-5820
    書籍の発行・講座・南御堂新聞について
    06-4708-3275